FC2ブログ

ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> FAZZ

FAシステム評価試験機から遠距離支援砲撃用MSへ

2018_0104_011532-DSC_0036.jpg

雑誌企画「ガンダム・センチネル」よりROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> FAZZのレビューです。



ダブルゼータガンダムの増加試作機に重火力支援システムを固定装備した試験機。

あくまでフルアーマー状態での性能のみを検証するのが目的の機体であるため、増加ユニットは全て固定式とされ、稼動時におけるユニットの強制排除機能は備えていない。
そのため、基礎構造には試験に必要な部分以外はダブルゼータガンダムのMSモビルスーツ形態のみを再現した汎用フレームが使用されており、Gフォートレスへの変形や分離機構は省略されている。

検証機であるが故の設計の簡素化が随所に見られ、頭部及び腹部のハイメガ・キャノンは機体重量バランスを検討するためのダミーであり、発砲は不可能。


・BOX
2018_0106_162232-DSC_0091.jpg
2018_0106_162256-DSC_0092.jpg

魂ウェブ商店限定販売 2017年10月発送 14,580円


・フィギュア本体
2018_0103_213223-DSC_0004.jpg
2018_0103_213244-DSC_0005.jpg


・付属品
2018_0103_213800-DSC_0006.jpg
左上から左右平手首、左右銃持ち手首、頭部アンテナ(予備)、胸ハッチ(05/06)×2、メガ・カノン懸架用肩装甲、胸コネクター、腰コネクター、ディスプレイ用ジョイント、ハイパー・メガ・カノン、ケーブル

2018_0103_214133-DSC_0011.jpg
2018_0103_214203-DSC_0012.jpg
胸パーツを差し替えることで5番機6番機に変更することができます。

2018_0103_213910-DSC_0008.jpg
胸部のミサイルランチャーはカバーを外すことで再現。

2018_0103_213959-DSC_0009.jpg
2018_0103_214043-DSC_0010.jpg
左腕部・バックパックのミサイルランチャーは造形されており、カバーは展開可能です。

2018_0103_214736-DSC_0013.jpg
ハイパー・メガ・カノンを装備したフル装備状態。

2018_0103_214859-DSC_0016.jpg
ダブルゼータのメイン武器である「ダブル・ビーム・ライフル」は右腕に固定。

2018_0103_214826-DSC_0015.jpg
FAZZの主兵装である「ハイパー・メガ・カノン」は、バックパックの接続部が引き出し式なので思いのほか動かせます。

2018_0106_163258-DSC_0093.jpg
2018_0106_163325-DSC_0094.jpg
またオリジナルギミックとして、アーマーがパージした姿にすることができます。

2018_0106_163611-DSC_0096.jpg
ダブル・ビーム・ライフルを手持ちできるグリップパーツも付属。


・アクション  ※別売りのエフェクトパーツを使用してます。
2018_0103_214948-DSC_0017.jpg

2018_0103_215016-DSC_0018.jpg
ダブルゼータのフルアーマー時の装備を試験する為の実験機ですが、それでも並みのMS以上のスペックを誇ってますから凄いですよね(^-^;)

2018_0103_215628-DSC_0020.jpg

2018_0103_220530-DSC_0027.jpg
前にROBOT魂でフルアーマーZZガンダムが出ましたが、それとは別で完全新規となってます。

2018_0103_220128-DSC_0024.jpg
ハイパー・メガ・カノンを展開!

2018_0104_011430-DSC_0035.jpg
ケーブルや右腕のライフルもあり、正面に構える角度としてはこれくらいが限界(-_-;)

2018_0104_010957-DSC_0032.jpg
2018_0104_011008-DSC_0033.jpg
各ミサイルランチャーを展開!
フルアーマーZZと違い、胸カバーは開閉式ではなく外す仕様になってますね。


2018_0104_011919-DSC_0038.jpg
状況によってはハイパー・メガ・カノンを外しての戦闘も可能。

2018_0104_012124-DSC_0039.jpg
2018_0104_012322-DSC_0040.jpg
右腕に固定されてるので構える際、後部が干渉するので見栄えはイマイチですね(-_-;)

2018_0104_012448-DSC_0041.jpg
背部ビーム・カノンは、バックパックと基部が可動できるので、前方に構えさせることができます。


2018_0106_163849-DSC_0097.jpg
装甲を外し、素のZZ状態に。

2018_0103_001758-DSC_0012.jpg

2018_0108_085721-DSC_0002.jpg
腕のシールドと右側のミサイルランチャーが無いだけですが、こうしたトイギミックは嬉しいですね(^^)

2018_0103_001909-DSC_0014.jpg

2018_0103_002044-DSC_0016.jpg

2018_0108_090251-DSC_0005.jpg
装甲が無い分ボリューム感が減りましたが、干渉が少なくなり可動域は広がってます。

2018_0103_002204-DSC_0017.jpg
2018_0103_002349-DSC_0020.jpg
ビーム・カノンやミサイルランチャーのギミックは、もちろん機能します。


2018_0102_140404-DSC_0010.jpg
ガンダムMk-Vと対決。

2018_0102_140802-DSC_0011.jpg
ミサイルやメガ・カノンでの砲撃戦で応戦するも、

2018_0102_141219-DSC_0012.jpg
高機動でミサイルを掻い潜り接近戦に挑む。

2018_0102_141421-DSC_0013.jpg

2018_0102_141639-DSC_0014.jpg
2018_0102_141835-DSC_0015.jpg
接近戦に持ち込まれ敢え無く大破。
しかし、この戦闘や今までの戦いからガタきておりインコムも不調になるという痛い手負いを負うことに。


2018_0104_011630-DSC_0037.jpg

以上 ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> FAZZのレビューでした。

以前出たROBOT魂フルアーマーZZガンダムとは別の完全新規の造形で、可動域や精密差もよりアップしております。
装甲着脱のオリジナルギミックなど遊べる範囲は広いので、今回購入して大正解でした(^^)

METAL ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> Ex-Sガンダムのレビュー
ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> ガンダムMk-V マーキングプラス Ver.のレビュー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

75system

Author:75system
特撮好きによる玩具レビューブログです。

コメントは一般常識を守れば大歓迎です。

このブログはリンクフリーです。 希望の方は相互リンクも受け付けております。
また巡回やお礼はしておりませんのでご了承ください。

※作品の紹介はwikiなどから参照してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
シンプルアーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR