FC2ブログ

METAL ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> Ex-Sガンダム

究極の「ガンダム」を目指して

2017_0808_235357-DSC_0025.jpg

雑誌企画「ガンダム・センチネル」よりMETAL ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> Ex-Sガンダムのレビューです。



S(スペリオル)ガンダムに強化パーツを装着した重武装形態である。
なおこれはフルアーマーガンダム等にあるいわゆるフルアーマー・ファミリーとして分類されることもあるが、ほとんどのフルアーマー系が後から考案されたのに対し、Ex-Sは設計当初からこの装備が想定され、開発されていたという点で異なる。

Sガンダムにおける変形時の強度不足の解消と総合的な攻撃力・防御力の強化を図っており、その結果として機体が大型化しているものの、主要部位への装甲追加とプロペラント及びスラスターの追加(これに伴い、バックパックも大出力のブースターユニットに換装される)、Iフィールドジェネレーターやリフレクターインコムの搭載など、性能が強化されている。

最大の特徴であり成果がGクルーザーモードへの変形が可能になっている点である。

ただし、実情は逆で、GクルーザーがMSに変形した姿がEx-Sガンダムというのが正しい。
つまり、この追加パーツを取り付けた機体は通常形態がGクルーザーである。また、追加パーツを取り付ける際にはMS形態への変形は想定されておらず、付け終えた後に「MS形態にしても追加パーツの干渉がない」という事に気づいてから導入されている為、MS形態は偶然の産物に近い。


・BOX
2017_0808_230936-DSC_0003.jpg
2017_0808_230954-DSC_0004.jpg

2016年11月発売 17,820円


・フィギュア本体
2017_0808_231917-DSC_0005.jpg
2017_0808_231934-DSC_0006.jpg


・付属品
2017_0808_232945-DSC_0012.jpg
左上から左右平手手首×2、左右銃持ち手首、左右持ち手首、ビーム・スマートガン、ビーム・サーベル刃×2、頭部インコム(展開)、膝インコム(展開)、インコム中継器×6、サイド・ジャケット蓋パーツ×2、台座(後述記載)

2017_0808_234235-DSC_0017.jpg
ビーム・スマートガン

2017_0808_234345-DSC_0019.jpg
2017_0808_234829-DSC_0020.jpg
銃身には伸縮ギミックとサブグリップの展開があり、後部にもグリップを展開することができます。

2017_0808_234853-DSC_0021.jpg
腰アーマーの一部を展開して、ビーム・スマートガンをサブアームで保持することができます。
これのおかげで有名なあのビーム・スマートガンを正面に構えたポーズが再現可能です。

2017_0808_233733-DSC_0016.jpg
ビーム・サーベル

2017_0808_233627-DSC_0015.jpg
サーベル柄は膝に収めることができます。

2017_0808_233236-DSC_0013.jpg
差し替えで頭部に収まってるインコムを展開状態にできます。
また中継器はケーブルに挟み込むことで再現されています。

2017_0808_233515-DSC_0014.jpg
膝のインコムも同様の手順で再現。

2017_0808_232346-DSC_0010.jpg
腰のビーム・カノンも多軸なので、引き出し前に構えることができます。

2017_0808_232301-DSC_0009.jpg
両肩の装甲は開くことが可能。

2017_0808_232217-DSC_0008.jpg
肩の主翼は組み替えて伸びた状態にすることができます。

2017_0808_232051-DSC_0007.jpg
背部のバックパックは左右上下に可動し、干渉を妨げないよう工夫されています。

2017_0815_120000-DSC_0071.jpg
肩のプロペラントタンクは分離でき、その接続軸を隠す蓋も付いています。

2017_0808_234941-DSC_0022.jpg
専用台座が付属。
形はメタルビルドの台座と同じですね(^-^;


・アクション
2017_0808_235336-DSC_0023.jpg

2017_0808_235422-DSC_0027.jpg
一見動かなさそうに見えますが、有名なこのスマートガンを横に構えたポーズ等思ったほか良く動かせます。

2017_0809_162725-DSC_0014.jpg

2017_0809_162743-DSC_0015.jpg

2017_0809_163647-DSC_0021.jpg

2017_0809_164222-DSC_0026.jpg
約150㎜の商品ですが、アップで見ると細かく仕上がっているのは凄いですよね(^-^;

2017_0809_163112-DSC_0017.jpg
2017_0809_163459-DSC_0019.jpg
ビーム・スマートガン発射!

2017_0809_183217-DSC_0095.jpg

2017_0809_183230-DSC_0096.jpg
両手持ちする際は、さすがにサブアームを取り外してから使用します。

2017_0809_183806-DSC_0097.jpg
後部グリップを展開してからの射撃。
実際の銃でもこんな撃ち方のがありますよね(^-^;

2017_0809_163904-DSC_0023.jpg
背部に装備された4門のビーム・カノン

2017_0809_164044-DSC_0024.jpg
2017_0809_164103-DSC_0025.jpg
腰部左右に装備されている大腿部ビーム・カノン
もう、この時点で過激な装備化されています(^-^;

2017_0809_184641-DSC_0100.jpg
2017_0809_184822-DSC_0101.jpg
ビームサーベル抜刀!

2017_0809_185018-DSC_0103.jpg
サーベルの色としては珍しい青色

2017_0809_195045-DSC_0111.jpg

2017_0809_195404-DSC_0113.jpg
2017_0809_195541-DSC_0115.jpg

2017_0809_195819-DSC_0117.jpg

2017_0809_200146-DSC_0118.jpg
ゴテゴテした姿でもちゃんと可動に配慮した設計なのがホントに凄いですね(^^

2017_0809_200923-DSC_0119.jpg
2017_0809_201159-DSC_0120.jpg
頭部に1基装備されているインコム・ユニットは、出力が低いものの1度の射出ごとに3発まで発射が可能です。

2017_0809_201927-DSC_0122.jpg
両膝に装備されたリフレクター・インコム射出。

2017_0809_202116-DSC_0123.jpg

2017_0809_202723-DSC_0126.jpg
これ自体に攻撃力は無いですが、Iフィールドを発生させる事ができ、自らが発射したビームをこれで反射する事により疑似的なオールレンジ攻撃を仕掛けることが可能に。

2017_0809_203133-DSC_0129.jpg
フル武装展開!

2017_0809_203206-DSC_0130.jpg
こんなに射撃兵装があるからか、ゲームでは射撃寄りに機体になっています。


2017_0809_204534-DSC_0134.jpg

以上 METAL ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> Ex-Sガンダムのレビューでした。

艶消しや金属色など殆ど塗装で仕上がってるので、綺麗に仕上がっており値段に見合った商品になってると思ってます。
ゴテゴテした姿ですが思いのほか動かせ、武装も豊富なのでギミック面では充実した品物になっています。

METAL ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> Ex-Sガンダム タスクフォースαのレビュー
ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS> ガンダムMk-V マーキングプラス Ver.のレビュー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

75system

Author:75system
特撮好きによる玩具レビューブログです。

コメントは一般常識を守れば大歓迎です。

このブログはリンクフリーです。 希望の方は相互リンクも受け付けております。
また巡回やお礼はしておりませんのでご了承ください。

※作品の紹介はwikiなどから参照してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
シンプルアーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR